<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
PROFILE
↑メールなどはこちら

<近況>
2014/11/8 更新してないねぇー ねたはあるんだけどね
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
お熱いのが好き
朝の通勤ラッシュ。
会社の最寄駅に到着。
すし詰め状態だった上り電車を降り、改札に向かう。
満員電車だったが、この駅で乗客の4割以上は降りるので、車内は多少余裕ができる。すると、逆にホームはごった返す。

この駅の出口は2箇所あるが、乗降客の9割以上はメインの北口を使用するため、こちらに人が集中する。
また、この北口は自動改札機が10機ほどしかなく、ラッシュ時は混雑が激しい。
利用客にくらべて、駅が割りあい狭いのだ。

都心に比べたら甘いだろうが、電車を降りて改札を抜けるまでに5分以上かかってしまうことも珍しくない。
それほどこの駅のホーム〜改札付近は混雑している。

その改札の、ある1機の自動改札の手前で、一組の男女が、かなりの至近距離で向かい合って立っている。
おやおや、朝からお熱いことで・・・などと思う余裕は朝のこんな時間にあるわけもない。
単純に邪魔なだけだ。
改札手前にある銅像『あした』よりも邪魔だ。

とにかく、そいつらが、自動改札のまん前にいるのだ。
1機ぶんの自動改札機が、そいつらに塞がれてしまい、無力化しているのである。

さらに、下り電車もほぼ同時に到着したらしく、出口へ殺到する乗降客の数が2倍近くに跳ね上がった。

そして最悪にも、10機ほどある自動改札機のうち3機ほどが使用不能状態にあるらしい。
定期切れやsuicaの読み取り不良などでゲートが閉まったにもかかわらず、混雑のためか焦ってそのまま強行突破してしまった人がいたのだろう。そんなことをしたらその自動改札は閉まったままになってしまう。
毎朝かならず数機は使用不能状態にあるが、なんとかならないものか。

ともかく、10機の自動改札のうち使用不能が3機で、1機は例の男女が塞いでしまっている。使用可能なのは6機。

数百人を6機の改札でさばくのは容易ではない。
長い行列に並び、ようやく自分が自動改札を通る番が近づく。

ふと、隣をみる。隣の自動改札といえば、例の男女が塞いでしまっているところだ。

まだやっていた。

なにもこんな時間にこんな場所で愛を語り合わなくてもいいではないか。二人の顔は至近距離にあり、いまにもキスしそうな位置だ。
最近の若いもんは・・・。そんな常套句が頭をよぎる。

しかし、どうも様子がおかしい。
ちらりと男女のほうを見てみた。
どうやら男は高校生で、女は20代OL風だ。妙な取り合わせだ。

俺は目を見張った。
なんと、女が男に向かってメンチ切っているのである!
カップルなどではなかったのだ!

OLが怒鳴り始めた。
「あん?人の靴踏んどいてあやまらねえってどういうことだって
聞いてんだよ!」
これが女のせりふか。
しかし男も負けていない。
「こんな混んでるときにちょっと靴踏んだくれぇで怒ってんじゃ
ねえよババア!」

この応酬があったところで、俺は改札を抜けた。
当然ながら自分の後ろも行列が続いていたため、その男女の応酬の続きは見られなかった。人の波に飲み込まれるように歩いた。

朝からお熱いことで・・・と思った。
comments(0)
メモ
最近発見した、ちょっと嫌味な真理をひとつ。

「英語なんてできなくていいんだよ。俺たちは日本人なんだから
日本語だけできればいいんだ」
と言う人に限って、日本語も下手であることが多い。
comments(0)
<< 2/2 PAGES

このページの先頭へ