<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
PROFILE
↑メールなどはこちら

<近況>
2014/11/8 更新してないねぇー ねたはあるんだけどね
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
<< Just dig! | main | ポイポイ >>
群雄割拠
昔ファミコンのソフトに、キングオブキングスというファンタジー調
戦略シミュレーションゲームがあって、
これがなかなかおもしろく、何度も繰り返し遊んだものだが、
ゲーム性の秀逸さもさることながら、キングオブキングスという、
何やら妙にかっこいいタイトルがお気に入りだったりした。
王の中の王。かっこいい言葉ではないか。

しかし残念なことに、このゲームに出てくるキングたちは個性が無かった。
そりゃそうだ。たとえば将棋の王と玉で性能が違ったら不公平だ。
そこで考えてみる。
真のキングオブキングスって・・・誰だ?
王と名乗る(呼ばれる)者たちの中で、もっとも王にふさわしいのは・・・誰だ?
ぱっと思いつく限りを並べてみよう。

エントリーNo.1・ボンバーキング
ご存知ボンバー界のカリスマ、ボンバーキングである。キングオブボンバーである。
あいかわらず個人的にお気に入りのキングである。
ファミコン全盛期、当時絶好調のハドソンが自信を持って世に送り出した、
マル超シリーズの代表作の主人公である。
仕掛けると1秒きっかりで爆発する、危険極まりない爆弾
(当然、爆風に巻き込まれたら一発で死ねる)を平然と扱うアンドロイドである。
戦いの場において、最高権力者が最前線に出るなどもってのほかであるが、
この王ときたら敵がうようよいる惑星に単身乗り込む、勇ましき王なのである。
カリスマ ★★    (アンドロイドだしなー)
統治領域 ★★★★★ (星一個まるごとである)
戦闘能力 ★★★★  (なんといってもボンバーの破壊力は抜群)
政治能力 ★     (支配領域の拡大に尽力しすぎ)


エントリーNo.2・マキシマム
週刊少年ジャンプ黄金期に連載されていたダイの大冒険に登場する、物語の後半も後半、
ラストで一番盛り上がる場面で登場した、キングである。
これはもう、キングなのである。チェスのキングの形をしているから、
キング以外の何物でもないのである。
必殺技はキ〜〜〜ングスキャ〜〜〜ン!!である。
どういう技かというと、これはもうFFで言うところのライブラである。
敵の状態を知るのである。
なにもかもわかってしまうのである。
カリスマ ★★    (吾輩はキングである!)
統治領域 ★★    (チェスの盤上が吾輩の支配地域であり、部下も豊富である!)
戦闘能力 ★     (キ〜〜〜ングスキャ〜〜〜ン!!)
政治能力 ★     (では、また会おう!さらばだ!)


エントリーNo.3・キング・クリムゾン
ビートルズをもおびやかしたと言われる、かつてのUKカリスマロックバンドから
その名を譲り受けた、近距離パワー型のスタンドである。
近距離パワー型といえば、スタンド界の花形である。
なんたって、時間を切り取ってしまうのだから恐れ入る。
こんなのが本当に王だったら、世の中どうなってしまうのか心配である。
カリスマ ★★★  (もう一度よく考えろ!この世で「矢」を持つにふさわしい王は誰か!)
統治領域      (測定不能ゥゥゥゥ!)
戦闘能力 ★★★★★(結果だけだ!!この世には結果だけが残るッッ!!)
政治能力      (測定不能ッッッッ!)


エントリーNo.4・王貞治
その名前もさることながら、世界の誰よりも多くホームランを打った男である。
世界の王である。名前負けしていないのである。
関係ないが、おそらく日本でどの犬よりも早くワンちゃんと呼ばれた男ではないだろうか。
カリスマ ★★★★★(長嶋と並び、日本の野球界における絶対的な存在である)
統治領域 ★★★  (九州全域と言ってもいいんじゃないか)
戦闘能力 ★★   (バットが装備可能なのは心強い)
政治能力 ★★★★ (監督時代後期は名将ぶりを発揮)


エントリーNo.5・ナリタキングオー
競走馬である。馬の中の王、サラブレッドである。
オーの名が付く馬ではサクラケイザンオーのほうが好きだったのだが、
キング決定戦のエントリーであれば、やはりこちらだろう。
競走馬でキングとかオーとか付く馬は多いが、この馬はその両方使っちゃってるのである。
サンデーの初年度産駒と同期。春のクラシック前は名前に負けない鮮やかな勝利を続けていき、ナリタブライアンの再来か!二年連続の三冠馬か!と期待させておきながら、
その後は故障の影響で活躍できず、単なる早熟馬として惜しまれることなく引退してしまった
哀しきキングである。
個人的な話で恐縮だが、競馬にハマったきっかけの馬である。
一番金を使って一番損した馬である(二番目に損した馬はバトルライン)。
カリスマ ★(鞍上南井、シャドーロール、スプリングS勝利、共通信杯勝利の三冠馬!と一緒)
統治領域 ★  (残念ながら種馬になれず)
戦闘能力 ★★ (晩年は船橋に転厩するものの最下位ばかり)
政治能力 ★  (たぶんないと思う)


エントリーNo.6・ラ王
ラーメン界からの勇気あふれる参戦である。
インスタントラーメンの歴史を塗り替えた製品である。
超高速の湯切りと、生麺の圧倒的な食べ応えは日本を震え上がらせた。
カリスマ ★★ (乾麺など敵ではないが、やはり本物には勝てない)
統治領域 ★★ (同僚Spa王との激しい生麺キング争い)
戦闘能力 ★★★ (熱々である)
政治能力 ★   (ラーメンが政治を行うのはやや厳しいか)


エントリーNo.7・ステカセキング
キングである以前に、悪魔であり超人である。悪魔超人なのである。
それはもう極悪非道なのである。
装備はウォークマンである・・・
個人的には、初期キン肉マンの特徴であるギャグ路線の最後のキャラとして愛している。
カリスマ ★   (残念ながら悪魔超人の中ではザコクラス)
統治領域 ★   (カセットテープ界ならキングかもしれないが、時代はiPodである)
戦闘能力 ★★★★(攻撃力だけなら上位に喰い込む余地ありか)
政治能力 ★    (無理だべ)


エントリーNo.8・キングサーモン
魚類からもエントリー。
キングオブサーモン。鮭王である。
が、よく知らないのである。
カリスマ ★★★ (釣り人の心をつかんで離さない・・・のか?)
統治領域 ★★★ (わりと北方の海ではぶいぶい言わしてる・・・のか?)
戦闘能力 ★★  (海中で生身の人間と一対一で戦ったら、強い・・・のか?)
政治能力 ★    (エラ呼吸に政治はできない・・・のか?)


これらの出場者を抑え、見事第一回キングオブキングスに輝いたのは、メタルキングであった。

エントリーNo.9・メタルキング
ドラクエプレイヤーなら誰もが知っている、孤高のモンスターである。
灰色に輝くボディ、不敵な笑み、そしてキングの証である王冠。
彼こそがキングオブキングスの名にふさわしい。異論を挟む余地などないであろう。
カリスマ ★★★★★(圧倒的であろう)
統治領域 ★★★★ (最強クラスの魔物が生息する地域を堂々と治めているのである)
戦闘能力 ★★★★ (ベギラマ!パルプンテ!)
政治能力 ★     (すぐ逃げ出すであろう)

総評:
全体的に、政治能力に劣るキングが多く、心配である。
comments(3)
王とは、得てして国民の目標を作る者のことである。
なんてねw

統治は、将軍と大臣
戦闘は、将軍
政治は、大臣
ってな感じ・・・かと?

にしても、ステカセキング、とか、ボンバーキング、懐かしい
| なめなめ | 2011/05/30 1:27 AM |
返事遅くなってしまってごめんなさい
なんかもうこの記事自体が懐かしい。。。
| 類二 | 2011/06/14 7:38 PM |
You realize therefore significantly on the subject of this matter, produced me in my opinion believe it from a lot of varied angles. Its like men and women don’t seem to be involved unless it’s one thing to accomplish with Lady gaga! Your individual stuffs nice. All the time maintain it up!
| Savannah | 2014/06/26 8:52 PM |










このページの先頭へ