<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
PROFILE
↑メールなどはこちら

<近況>
2014/11/8 更新してないねぇー ねたはあるんだけどね
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
<< こころ | main | WARAWARA >>
見つめるホイミスライム’s eye
人間が好む愛玩動物として、もっともポピュラーなのは、やはり猫であろう。

体つきや毛並み、顔などが愛らしいのはもちろんのこと、飼い主との付かず離れずの関係や、芸を覚えることもなく特に飼い主が散歩に連れて行く必要もなく、それほど手のかからない動物であることが人気の秘訣だろうか。
猫が家にいるというだけで癒されるものである。

しかし、個人的には猫などよりももっとかわいい動物がいる、と断言する。
それは、なんといってもホイミスライムである。
まんじゅうのような形をした青くつやつやな頭部。
そこからダイレクトに生えている黄色い無数の足は、イソギンチャクをさかさまにしたようなふわふわな感じである。
顔はスマイルを見せるタイガーウッズから眉と鼻と白い歯をなくしたようなものだと思えばよい。基本的に笑い顔であるが、そこから表情が変化することはない。無表情なのである。
クラゲの如くゆらゆらと、海ではなく空中に浮かんで移動する。
そして、なんといっても人の傷を癒すことのできる「ホイミ」という呪文を使えること。うれしいことに、MP(ホイミの使用限度)は無限といって良い。
猫は100年生きると妖術を使うらしいが、ホイミスライムは素で呪文が使えて幸せだ。

ホイミスライムさえいれば、名実ともに癒されることが可能である。
なぜ人間は、この動物を飼おうとしないのだろうか。
もし私がホイミスライムを開発することができたならば、全世界の猫をホイミスライムに置換してやりたいと常々考えている。
猫などという動物は最初からいなかった事にしてやるのだ。

具体的には、ドラえもんなどという猫型ロボットはホイミスライム型ロボットとなる。

「ホイえも〜〜ん!またジャイアンにいじめられたよ〜」
「ホイミ!」

素晴らしい。しかし、もう少し具体的な要求が来ると、

「空を自由に飛びたいな!」
「ホイミ!」

このように、まったく使えなくなってしまうが、もっと残念なのはドラミとて例外ではなく
ホイミ(なんと呪文と同じ名前だ)になってしまうことである。

猫娘などという妖怪も存在せず、かわりにいるのはホイミスライム娘である。
ホイミ連発で鬼太郎たちを助けるのである。
ただし本家猫娘と比べて攻撃力がだいぶ落ちるから注意が必要だ。
回復役ともなると多少萌え萌えである。

いくら人気者のホイミスライムでも、おさかなくわえて逃げてしまってはいけないのだ。
それを裸足で追いかける、陽気で愉快な人妻においしいところを全部持って行かれてしまうからである。
注意が必要だ。

吾輩はホイミスライムである。名前はまだホイミンである。
ホイミスライムの名前はホイミンと決まっているので、名無しというわけにはいくまい。
薄暗いじめじめじたところでにゃあにゃあ鳴くわけにもいかない。
はて、ホイミスライムの泣き声はなんだろう。
基本スライムだから、ピキー!か。

時は元禄、泰平の世。とある染物問屋の泥棒事件の顛末はーーー。
「お呼びですか旦那様、何でございましょう」
「手代の万吉。てめえ、店の金に手をつけたな」
「めっそうもございません旦那様。私がホイミスライムババなど・・・」
「黙れ万吉。お前は今日で首だ」
「ひいいっ。何かの間違いでございます!旦那様、どうかお考え直しをーーー」
「番頭の幸助が何度も見たと言っている。万吉。お前は普段ホイミスライムをかぶったようにおとなしく働いているように見せているが、手癖が悪いのは治らないらしいな」
「すいません・・・旦那様、あっしが悪うございました」
哀れ万吉。
丁稚の頃は借りてきたホイミスライムのように目立たない彼だったが、番頭の目を盗んでは、小銭を掠めていたのである。
彼の所業は、店に置いてある招きホイミスライムが全部見ていたのであるーーー。



さて、猫の最上級はライオンだが、ホイミスライムの最上級は何か。
もちろんスライムベホマズンであるが、当然ながらこちらにも登場していただく。

ホイミスライムの頭部のみを数十倍に大きくした全身。
足はなくなり、色は鮮やかな緑。
唱える呪文は、ベホマズン。すべての生命を最大に回復してしまう。
キングの証である王冠を被ったその姿は、まさに最上級。
ロイヤル。エグゼクティブ。ハイソサイエティー。ラグジュアリー。
ただし、顔つきだけは相変わらずだ。

百獣の王スライムベホマズン。
サバンナの覇者スライムベホマズン。
おはようからおやすみまで、暮らしを見つめるスライムベホマズン。
今年のプロ野球・パリーグは、1チームの独走状態か。西武スライムベホマズンズ。
ズンズ。良い響きだ。
もう悔いはない。
comments(2)
響きが良すぎるぞズンズ
| da | 2008/07/04 10:24 PM |
野球のマスコットはバク転とかしなきゃいけないから大変だ
| 類二 | 2008/07/11 1:06 AM |










このページの先頭へ