<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
PROFILE
↑メールなどはこちら

<近況>
2014/11/8 更新してないねぇー ねたはあるんだけどね
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
<< 桜の季節になりました | main | フィオ VS Bさん >>
新作レビュー ドラゴンクエス卜9
スクウェア・エニックス待望の新作、ドラゴンクエス卜9がついに発売されるぞ。
早速、このゲームのレビューを書いていこう。


◎久々の"王道"RPG
このゲームは、オードソックスな2D見下し型のPRGだ。
日々マスコミに踊らされるバカな大衆どもを見下している主人公を操り、町で武器や防具を購入し、フィールドで己と戦うことで、男前になっていく。
ベレルアップすればスターテスが上がっていく。そうすればより強いタバコを吸うことができる。
GRPの黄金パターンといっても良いだろう。


◎個性豊かな登場人物
主人公は、まだ幼い少年のようなあどけなさの残る食虫植物(38歳、脳死状態)。
男のティッシュ配りが大嫌いな、正義感あふれる遣隋使だ。
名前は特に決まっていない。好きな名前を以下の語群の中から自由に選んでつけることができるぞ。

語群:
割れ物注意 過剰摂取 雨は涙のように ふてくされた発光ダイオード 透過しすぎのレントゲン

このシステムにより、主人公への感情移入度が高まることまちがいなしだ。
この主人公の得意技は女性の裸(一定時間、自分の動きを完全に封じる)。
また、街で売られている果物は、ほとんどすべて装備することができるのが特徴。
なお、物語後半で3年B組にクラスチェンジする。

この主人公と共に旅をする仲間を紹介しよう。
一人めは豚肉。
鰯になることを夢見て溺れていたところ、主人公と出会い、共に美食の旅に出る決意をする。
主人公の仲間のなかではいちばん物理攻撃が強(検閲削除)力なので、彼にどんどん戦わせて自分は高みの見物を決め込もう。
ただし、豚肉ゆえに火が弱点。戦闘中に炎を食らうと、美味しく焼けてしまい、タレがないことを後悔してしまうから注意が必要だ。
得意技は速読(戦闘中、素早く見方の行動を敵に読まれる)。
使いにくい技だが、決まれば最強クラスの口臭を発揮するぞ。

もう一人は帽子。
道に迷って文房具屋にたどり着いたところで主人公に注文され、共に旅に出るテンプルを固める。
彼の特技は岩盤浴。素早くいい気分になれるこの技は、公私ともに主人公を憤死させてくれる。
ただ、どの能力も平均的で、個性という面では特筆すべき点はなく、面接試験で落とされがち。
彼だけが試用できる回復技として、手術(ケガをした仲間に使うと一気に開腹する)がある。

 最後の一人が、沖縄。紅一点であり、物語の重要なガキを握るヒロインである。
ゲーム開始当初は、幼い頃の記憶をなくしている(高齢のため)。
彼女の棲む村を訪れた中国雑伎団と意気投合し義兄弟の契りを交わす。
彼女の最強の攻撃魔法「マングースVSイリオモテヤマネコ」のド派手なグラフィックと凄まじいまでの洗浄力は驚きの白さになること間違いなしだ。
主な装備可能品は、エアコン。その名の通り攻撃力は低めだから、後列に置いてしんぜよう。


◎あらすじ〜広大な世界、そして主人公の旅立ち〜
 舞台となるのは「アジフライ」と呼ばれる大陸。
300年前の世界大戦により、それまで培ってきた文明を自らの手で滅ぼしてしまった人々は、(以下FF4〜6あたりのプロローグを見よ)。
主人公は、大陸をでて船で油を渡り、遙か遠くに浮かぶ小さな天かすに隠居したがっている。
まずは伝説のタルタルソースを手に入れるところから人生は始まる。

前述の3人を仲間にしてからは、講堂範囲が広がり、よりたくさんの客を集めることができるぞ。
そのあとは、プレイしてからのお楽しみ。
不思議な塔、不気味な洞窟、無礼講な刺身・・・思いもよらない展開が黄身を待ち構えている。


◎手強いモンスター
 主人公たちの行く手を阻む、手強いモンスターたち。
初期に登場するモンスターの一部を紹介しよう。

・万馬券
ボーナスキャラ。
おちついて換金しよう。

・卓上カレンダー
1997年もの。

・ジョジョの奇妙な冒険
ボーナスキャラ。
倒すと大量の効果音が手に入る。
目標レベル1。


◎総評
際だっていたのが、スピーディーなストーリー展開。
特にイージーモードでプレイすれば、ラスボスを倒したところからゲームが始まるため、初心者でも中古ショップに売りに行きやすい。
気になる操作性も○。
十時キーの上を押すと主人公が鼻で笑うため、小気味良い爽快感が味わえる?
音楽は場面に合わせたオーケストラが流れる。
テンポのいい曲が多く、股間も盛り上がる。

気になる値段は6800着と、意外とお求めやすい。
個人的には間違いなく"甲斐"の国だ。
(来瞬発売予定)
comments(5)
相変わらずの類二ワールドですね!(ほめ言葉
| yk | 2007/04/19 11:16 PM |
なんでしょうねこれ(笑)
これ書いたときの記憶がまったくありません
| 類二 | 2007/04/24 11:44 PM |
相変わらずの類二ワールドですね!(ほめ言葉
| スネ夫 | 2007/05/27 7:58 AM |
なんでしょうねこれ(笑)
これ書いたときの記憶がまったくありません
| 類二 | 2007/05/29 12:47 AM |
Yeah, in my opinion, it is written on every fence!!…
| Layla | 2014/06/26 6:16 PM |










このページの先頭へ