<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
PROFILE
↑メールなどはこちら

<近況>
2014/11/8 更新してないねぇー ねたはあるんだけどね
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
<< カップ焼きそばの不可逆性 | main | 新作レビュー ドラゴンクエス卜9 >>
桜の季節になりました

桜の季節になりました。
ソメイヨシノは美しいと、日本国民に限らず大人気ですが、花の時期はわずかに一週間程度です。
すぐに散ってしまうからこそ儚くも美しいのではないか、と思われる方もおられるでしょうが、桜の樹は決して美しいとは言えないと、私などは思います。
それは幹を見れば明らかでしょう。
左右非対称、縦横無尽に伸びた枝はウドラーよりもグロテスクです。
加えてあの色。どす黒くひどく不気味な印象を与えます。
近寄って表面を見てみれば、ゴツゴツしていて滑らかさなど微塵もありません。
銀杏やポプラ、松や杉などの優雅なシンメトリーとは比べるまでもないでしょう。
観葉植物などは、みなツルツルの樹皮をしています。
キウィの樹もツルツルだったと思います。
(余談ですが、キウィという鳥がいます。キウィの実に似た鳥です。
鳥がキウィの実に似ているのか、実がキウィバードに似ているのか、よくわかりません。「キウィ」って、何度も言っていると変な気分になりますね)
とにかく、それでも桜は人気があります。キウィよりも全然人気です。

桜。
黒い巨大な魔物が纏う花は、しかしそれとは正反対に淡いピンクの小さな花で、この色はもう春の代名詞みたいになっています。
きっと、不気味な幹が花の美しさを引き立てているのでしょう。
花は虫を誘うための罠だというのに、それを忘れているのではないでしょうか。
絶大な人気を誇る桜ですが、その人気も期限付きなのは笑えます。
花見のために馬鹿みたいにたくさん植えられた桜の樹は、夏でもやっぱり同じ場所にありますが、誰も全然気にとめません。
夏の桜は人気がないのです。
私などは、そこに桜があることをすっかり忘れてしまうくらいです。
きっと馬鹿な子供などは、夏の桜を見ても、それが桜と気づかないのではないでしょうか。
(子供はみんな、人参が木の枝に実っていると思っているのです)
それでも、次の春にはみんな思い出したように桜を有り難がるから不思議です。
雨が降っては桜が散る、風が吹いては桜が散る、暖かすぎては桜が散ると、毎日の天気に一喜一憂するのは、なんだか面白いです。
桜が咲いたくらいで楽しい気分になれるのなら、それはそれでいいことだと思いますが、浮かれすぎには気をつけましょう。
comments(0)










このページの先頭へ