<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
PROFILE
↑メールなどはこちら

<近況>
2014/11/8 更新してないねぇー ねたはあるんだけどね
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
<< 約束の地 | main | ナシゴレンの話をしよう >>
明日に向かって考えろ
WINGはウィングだけれど、読むとウウィングと言っている。
書くときはウィングが良い。
ウという文字はワに点がついてるだけで、
ワに点がついてるだけの形だと思ってウを見ると、
余計なモノがくっついているみたいでなんだか気持ちが悪くなる。
ウウウウウウウウウウウウウウウ。
が、そんなことはどうでもよろしい。





第一問
象は、だいたいエレファント。
虎は、概ねタイガー。
河童は?


難問だ。
言うまでもなく漢字の使用が難易度を上げている。
いや違うな。たとえ漢字であったとしても、
「河童」が「合羽」であればもはや答えを言っているに等しい。
普通の感覚であれば、せめて片仮名で
「ゾウはエレファント、トラはタイガー、カッパは?」
と、さり気なく文中に「カッパ」をねじ込み、
曖昧な表現を用いることで解答者を惑わせようと試みるのだろうが、
この設問ではそういった小細工をいっさい使っていない。
むしろ、堂々と男らしく「河童」と断言してしまっている。
このことから導かれる事実は、
問題制作者が五割の確率で男である、ということ、
制作者は全身肝っ玉の持ち主である、ということであり、
よってその人物は趙雲である、ということになる。

さて、もう一点、考慮すべきなのは「河童は?」という疑問文が、
いったい何について質問しているかということだ。
この部分を明確にしておかないと、
「河童は愚かである」「河童は焦がしてはいけません」
という解答でも○をもらえてしまう。
勝手な判断は危険なので、問題文をよく読んで考えよう。
言うまでもなく、この問題では、最初の二行がヒントになっており、
そこから三行目の解を導くようにつくられている。
例を挙げるなら、問が
「一郎は長男、次郎は次男、では三男は?」
であり、解答は、
「三郎」「三男」「みつお」「貰いっ子」
などが考えられる。

> 象は、だいたいエレファント。
> 虎は、概ねタイガー。

今回の設問ではこの二行がヒントになるわけだが、
もちろん英訳を求めているわけではない。
仮に、
「象は、だいたいパオーム。
 虎は、概ね灯台タイガー。
 河童は?」
という問題であれば、少し悩んだ後に「おそらくガメゴンロード?」
とでも答えておけばよいのだが、そういうわけにもいかないらしい。

!!

というマークを入れると、いかにもここで気がついたようだが、
「だいたい」「概ね」とは何だ?
これが問題を解く重要なヒントではあるまいか?
と、今更のように書き連ねてみる。

それはそうなのだ。
だいたい、英訳をカタカナ表記すればよいのなら、
「河童」は当然「カッパ」である。
あるいは、「河童の川流れ」を和英辞典で調べて、
「スイマー」とややひねくれてみるのも良いだろう。
それは、侍がサムライであるのと同じことであり、
フジヤマ、ハラキリ、ゲイシャ、スキヤキ、バンザーイと同類である。
しかし、今回の問題に関しては、
そんなことは無論どうでも良い。
重要なのはその前にくるであろう副詞だ。
ここまでくればもう解答は近い。
思いつく順に列挙してみよう。

「ときどきカッパ」
「やっぱりカッパ」
「いわゆるカッパ」
「されどもカッパ」
「しかるにカッパ」
「あらゆるカッパ」
「ぼんやりカッパ」
「めっきりカッパ」
「ちかぢかカッパ」
「わりとカッパ」
「まるでカッパ」
「みためカッパ」
「カッパ・ソ・ノモノ」
「カッパ・デル・ソーレ」
「カッパ三色ツモドラ三」
「ライ麦畑で捕まえて。カッパを」
「立海大付属カッパ」
「カッパ少年漂流記」
「泣いて馬謖を斬るカッパ」
「さわやかな酸味とほのかな甘さの100%カッパです」
●天然のカッパを使用しているため、栄養成分が多少変色することがあります。
**正しいカッパの開け方**
[昌悗髻悗△韻ち』に差し込んで……
∈険Δ亡袷瓦帽げ……
親指と人差し指を両端にあて徐々に『注ぎくち』を手前に引き出して下さい。

なんか怖いなぁ。

解答

 河童天国 わりと普通な 露天風呂

注)箱根にあります。





第二問
ブーメランを投げてから戻ってくるまでの間に余裕を持って
食べる事の出来る魚はどんな魚でしょうか?
(注)「戻ってくるまでの時間による」とかはナシよ


ニモ。

いやあ、魚じゃなくてね、妖精だったらね、ブーメラン投げてても、
結構、余裕を持って食べられると思うんだけどね。
ハート七個回復で。

うーむ。つまり、「時間による」がハズレということは、
実際にどれくらい時間的余裕があるかは関係ないわけだな。
投げたブーメランが川に落ち、そのまま紛失してしまって人手に渡り、
数日間戻ってこない、という状況を想定してみたのだが、
これはそういう現実的な問題ではないと。
すると、とんち系か。
しかし俺はあくまでもひらめきには頼らない。
コツコツと理屈を積み重ねていく。
この問題のポイントは、おそらくブーメランと魚だ。
だいたいからして、ブーメランを投げて戻ってくるまでの間に、
魚を食べようなどと思うヤツはまずいないはずで、
そういうわけのわからない設定だからこそ、問題として成立するのだろう。
と言うことは、ブーメランをブーメンランに置き換えては駄目だし、
魚も寿司や天ぷらでは駄目なのだ。
ブーメランや魚の定義をあらためて確認する必要はない。
「投げて」の主語、「戻ってくる」の主語、「食べる」の主語は
どれも語られていないので、英訳があると多少分かりやすくなるかもしれない。
しかし、これもまず常識的に
私がブーメランを投げて、そのブーメランが戻ってくるまでの間に、
私が食べることのできる、
としておこう。
ここが間違っていると絶望的な気もするが、もしこれ以外の設定であるなら、
予め要点が問題文に組み込まれているべきであり、
故意に外してあるなら問題文に問題があることになる。
(例えば、「北海道に嫁にいった姉がブーメランを投げて、
その姉が離婚して東京の実家に戻ってくる間に、
実家にいる猫が余裕を持って……」などというよう場合)
「余裕を持って」というのも、何に余裕を持つのか定かではないが、
魚を食べるのに余裕を持つのだから、時間的にとか、気持ち的にとか、
そういうことなんだろう。
気持ち的に余裕を持てば良いのなら、別に、
「投げたブーメランが戻ってこようと、気にせずに食べていたら良い」
ワケで、それならどんな魚だって食べることはできる。
しかし、それは違うような気がする。
どんな魚か、と限定して質問されているのだから、
どんなのでも良い、では駄目だろう。
「食べることができる」は「食べきることができる」とするべきか。
正解の可能性としては、
実際に魚の種類を挙げて、その文字列が別の意味に取れたり、
駄洒落めいた関連を示していてたりして、聞いてまあ納得というパターン。
(例として「リュウグウノツカイ」をあげようと思ったが、
これはそれ以外に意味を見つけられそうにない。
「メガマウス」なら、眼鏡済みとか、目が鼠とかでいける)
それから、魚の種類ではなくて、「○○ウオ」「○○ギョ」的な言葉を挙げて、
「パンはパンでも食べられないパンは?」というノスタルジックなパターン。
或いは、やはりブーメランが我々の思い描いているブーメランとは異なっていたり、
「ブーメランを投げる」「余裕を持って食べられる」等の行為が、
通常の解釈とは異なっていたりして、問題文に落とし穴のあるパターン。
他にも、「この問題に答えなどないのだよ関口君」と
出題者に開き直られてしまうパターンなどもあって、
これはなかなか考える方向性を見定めるのが難しい。
そもそも出題者は何故このような問題を出したのだろう、
いったいどうしてしまったのだろう、などと考え始めればまさにドツボである。
差し当たって俺に言えることは、

> 問題です。
> ブーメランを投げてから戻ってくるまでの間に余裕を持って
> 食べる事の出来る魚はどんな魚でしょうか?

食べやすい魚だと思います。





第三問
全然雨が降らない地方でも、ある祈祷師が祈ると、
かならず即座に雨が降るそうです。なぜでしょう?


なにを今更そんな問題をと完全になめてかかり、
なんでぇ、それくらい俺にだってできらぁ、
と、べらんめい調を気取るつもりだったけれど、
> かならず即座に雨が降るそうです。
だって?そんな馬鹿な。
いや、これは難問だ。真剣に考える必要がある。
では、この問題のポイントどこか?
二つある。
・全然
・即座に
これだ。もしこれが、
「全然」→「ほとんど」
「即座に」→「いつか」
であれば、すでに解答を述べているに等しい。

とりあえず素直に考えてみよう。

> 全然雨が降らない地方でも、

この、「全然」はどうとらえるべきか。
全くもって雨が降らないということなのか。
降水確率常に0%か? いや、天気予報は当てにならない。

通常、「全然」という言葉の後には打ち消しの言葉が続く。
「全然先に進めないよ、このカラテカ」
これは正しい用法であり、かつ現在のところ普遍的な事実である。
しかし、「全然」の後に否定文をつなげない場合もある。
「全然最後まで進めるよ、カラテカ」
これは間違った用法ではないが、現在のところ事実とは異なる。
(*あのギロチンの場所を最後と定義している人には事実となる)
例文が不適当なので別の例を挙げると、
「全然速い」「全然怖い」「全然牛」などだ。
後ろに打ち消しの言葉をつなげない場合、
「全然」は「非常に」「とても」というような意味を持つといえる。
それでは設問はどうか。
「全然」→「雨が降らない」と続いている。
これは「全く雨が降らない」と解釈して良いだろう。

このことから導かれる事実は、
設問の「地方」は「地球上には存在しない」ということである。
(「地方」の範囲を常識的に解釈した場合に限る)
大気や水がある時点で雨が降る確率は0%ではない。
(雨を定義してください、と返すのは容易だが、
一般的な共通認識をあえて定義してもらっても、
その回答が予測を裏切るようなことはないだろう。
そういうレベルの確認作業は時間の無駄である)
もちろん、大気がない月のような衛星であっても、
今後の技術革新や環境の劇的な変化によって、
雨が降るようになる可能性は残される。
よって、これらも完全に条件を満たすサンプルとはならないわけだが、
設問が現段階での状況を想定したものであると仮定して、
「雨の降らない地方」を月面としても何ら問題はないだろう。
地方の解釈に幅を持たせるのであれば東京ドームでもよいし、
これは以下の説明に関わってくることだが、
実在しない仮想空間であってもよい。

次の文節に進もう。
> ある祈祷師が祈ると、

あるきとうし
  ↓
歩き通し≪「あるきとおし」の誤り≫
と表示されるのは非常に悔しい。

ある祈祷師とは何者か。
祈祷師とは言うまでもなくドラゴンクエストのモンスターである。
ただ、ゲーム中の表示が「きとうし」であるため、
「鬼闘士」「騎闘士」「鬼頭氏」「木と牛」などのパターンも予測できる。
「きとうしのあいだにきとうしがいる」という少女の証言や
ファッション、性質などから判断して「祈祷師」が妥当であろう。
この時点で、設問によるところの「地方」とは、
「ルプガナ地方」であることが判明した。
「きとうし」の主な生息地はルプガナである。
たしかに、あのあたりといわず、あの大陸では雨が降らない。
なぜならば、かの地は地下世界なのだから。

それでは祈祷師の検討に戻ろう。
一般的な「きとうし」の能力として、
「マホトーン」が使用可能であることが知られている。、
しかし、雨を降らすような能力に関しては何ら報告がない。
せめてヒャド系が使えるのであれば多少の可能性を考慮する必要もあるが、
そもそもかの地にはヒャド系呪文自体が存在しないため、
「修行を積んだきとうし」などの存在を予測する必要はないだろう。
ダーマ神殿がないため、転職の可能性もない。
また、「ある祈祷師」ということから、
モンスター「きとうし」全般を指しているのではなく、
たくさんの「きとうし」のなかの一人を示していることがわかる。
一般的な「きとうし」とは異なる存在であることだけ記憶にとどめて、
先に進もう。
この特殊な祈祷師が祈ることになる。
祈りを捧げる相手は不確定だが、順当に判断するのならば、
やはり「ハーゴン様」であろう。

> かならず即座に雨が降るそうです。

ここでのポイントは「雨が降らない地方に雨が降る」という矛盾である。
しかし、これは最初に検討した「全然雨の降らない」の認識を改めれば、
あっさり解消することができる。
すなわち、雨が降るという事実がある以上、
当初の設定であった「全然雨が降らない」は否定されることになり、
設問を破綻させないためには、
「極めて希ではあるが、雨が降ることもある地域」
と再解釈する必要がある。
雨の降る可能性がわずかでもあれば、祈りを捧げた後、
数千年後に雨が降っても条件を満たすことができる。
しかし、すると問題になってくるのは「即座に」という部分である。
「即座に」をどの程度の時間的長さに見積もるかは人それぞれだが、
特に指定がない場合は常識的な判断に委ねるのが無難である。
「即座」→「すぐさま」
一〜六十秒くらいに設定しておけば、反論は少ないと思われる。

これでほぼすべての境界条件は整った。
のこすは

> なぜでしょう?

この問題提起部分だけである。

もう一度設問を整理しておこう。

「極めて希ではあるが、雨が降ることもあるルプガナ地方で、
一般とは異なるグループに分類される、
ある『きとうし』がハーゴン様に祈りを捧げると、かならず即座に雨が降る。
なぜでしょう?」

・「ルプガナ地方」を定義してください。
・「きとうし」を定義してください。
・「ハーゴン様」を定義してください。

よけい複雑になつてしまつた。

それでも、雨はいつだって、世界のどこかで降っている。
comments(3)
>食べやすい魚だと思います。

超笑ったw



別件ですがトリオ兇任和をグイグイ引っ張るからよろしくね!
審査員の並び順まで同じ始末
| スネ夫 | 2006/12/30 1:39 PM |
並び順は、意図的にああしてみました
トリオ供△世い嵬堆任魍櫃韻襪箸もうけど、こちらこそ、よろしく!
| 類二 | 2007/01/02 4:48 PM |
Pretty portion of content. I simply stumbled upon your blog and in accession capital to say that I acquire actually loved account your blog posts. Any way I’ll be subscribing on your augment or even I fulfillment you get admission to constantly rapidly.
| Victoria's Secret UK Online | 2014/11/13 5:05 AM |










このページの先頭へ