<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
PROFILE
↑メールなどはこちら

<近況>
2014/11/8 更新してないねぇー ねたはあるんだけどね
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
<< アルファベットのイメージ | main | チュパカブラのぼやき >>
あります。
あります。
脳。
昆虫にも。
蚊とか、蝿とかクワガタにも。
脊椎動物のそれとは少し仕組みが違って、微小脳というそうです。
文字通り微小。神経の集まりが頭の辺りにある。
これが記憶力もあれば学習能力もあるというのだから、驚きです。
が、確かに言われてみれば、
アリやミツバチのように高度な社会性を持った昆虫に脳がないというのは
ちょっと失礼な話かもしれません。
一寸の虫にも五分の魂。
これも「脳があるなら……」と考えてみると、なるほどなーとも思えますね。

まあ、俺はそんなモン認めねぇがな。

カブトガニやトンボなどが我々人類とはあまりにもかけ離れた姿をしており、
あまりにも違った生態を持っているのは、進化の過程において
彼らが遥か太古の時代に我々の祖先から分化したことを示しています。
きっと誰もが認めてくれるでしょうが、あれらはまるで別の生き物だ。
するとやはりその脳に関しても同様であり、
昆虫や甲殻類の微小脳は我々脊椎動物の脳の発展途上ではなく、
この地球上に現れたもう一つの別のタイプの脳と言うことができます。
そしてそれは脊椎動物の脳が進化してきたのと同じ時間をかけて発達してきたわけですから、
脊椎動物タイプの脳よりも劣っているということはない。
その根本から異なるのなら比較することはできません。
彼らは彼らで好きにやっている。
故にいくら育てても我々のようにはならない。
つまり、何億年も先の遥か遠い未来に出現するであろうタコ人間、
あるいはウルタン・エンサ族なども、脊椎動物とは異なる脳の仕組みによって、
我々と同じ物理世界にありながら、
まったく違った宇宙の法則を導くのでありましょう。
カニやウルタン・エンサに人間の常識が通用しないのは当たり前ということです。
ちなみにカニみそは中腸腺という消化器官で、
肝臓と膵臓の機能を併せ持ちます。
つまりカニのレバーです。
カニみそというと美味しそうな印象ですが、カニレバーはどうでしょう。
カニレバ炒めとか、美味しそうな気がしないでもないですが、これは余談。

ところで、アリとミミズとではどちらが高等な生き物か。
大きさでは圧倒的にミミズです。
アリは指で弾かれたり、靴で踏まれたりして
わりとあっさり殺傷されてしまいますが、ミミズはそうはいかない。
道端でよく潰れているのを見かけますが、あれをやるには車が必要。
ミミズは釣りの餌にもできますし、ワームとか呼ばれるとちょっと格好良い。
僕は断然ミミズを支持したいです。
土を肥やしてくれるし、ミミズがいるのは良い畑の証拠なんですね。
けれどもしかし、アリには小さいながらも脳がある。
ミミズにはない。
ないです。
脳どころか他の器官もほとんどなくて、あるのは消化管。
ミミズの身体のほとんどは消化管でできています。
もう食って出すだけ。
だからあんな腸管のような格好をしている。実に単純な野郎です。
一般に下等な生物になるほどその構造が単純になり、
最も単純なものになると本当に消化管しかなくなってしまう。
それでもミミズはちゃんと生きているし、繁栄しているのだから、
脳がなくても案外やっていけるのかもしれないなーと思います。
逆に言うと、脳よりも消化管の方が重要ってコトなんじゃないでしょうか。
一番シンプルってことは、必要最低限ってことですから。
それがないと成り立たちません。

ああ、そうか。
もしかするとミミズはむしろそれを誇りに思っているかもしれない。
「脳? 何だそりゃ、俺ァただシンプルに生きてぇんだよ」
やっぱりミミズは偉大でした。
脳のあるなしで高等下等を分けるなど、結局人間のエゴに過ぎません。
人間の脳は確かに巨大だが、
ミミズの身体全体に占める消化管の割合に比べたら遥かに小さい。
しかも消化管というのは脳の制御なしでもオートで動く。
つまり、ミミズにとっては消化管それ自体が脳なのだ、
つまり、ミミズは全身ほとんどが脳なのだ、
と言っても誤りではない。ように思えます。
もっとも、生命の根源が消化管だと思うと些かげんなりもするのですが……。
まあ良いでしょう。これからは消化管を一番に考えましょう。
魂が宿っているのは脳ではなくて消化管なのだということにしないと、
ミミズの立場がありません。
一寸のミミズにも五分の魂。
それを言うためには「消化管があるから……」と考えなければならないのです。
それにしても不思議なのは、人から見るとアリもミミズも
そんなに大差ない生き物のように感じることですね。
comments(5)
勉強になりました
| 閃光 | 2006/11/24 11:25 PM |
安定した文章力と独自の視点から書かれる類二さんの記事は更新が楽しみです。
| 涼秋 | 2006/11/25 9:30 AM |
ごめんなさい。
| スネ夫 | 2006/11/26 8:36 AM |
>閃光
たまにこんな話題を書くから侮れませんね、このブログ

>涼秋
よせやい 照れるやい 
いや実際もうネタ切れ ネタちょうだい

>スネ夫
どういたしまして
| 類二 | 2006/11/26 11:47 PM |
I precisely desired to say thanks again. I’m not certain the things I would’ve done without the actual creative ideas discussed by you about this area of interest. It was the frustrating scenario in my opinion, but finding out your expert style you handled the issue made me to cry for delight. I will be happier for your support and in addition wish you recognize what a great job you are always getting into training other individuals through your webblog. I am sure you have never encountered all of us.
| Autumn | 2014/02/23 7:41 AM |










このページの先頭へ