<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
PROFILE
↑メールなどはこちら

<近況>
2014/11/8 更新してないねぇー ねたはあるんだけどね
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
<< 妥協日記 本格ノンフィクション推理ハードボイルド文学詩「カップヌードル」の一考察 | main | アカデミカル質疑応答2 >>
アカデミカル質疑応答
「先生、今日の講義の事で質問があります」
「何だね」
「神聖ローマ帝国の失楽園は、本当にト音記号が原因だったんですか?」
「ああ。一説には、五段活用が顰蹙を買ったから、という説もあるがね」
「では、大腿骨の場合はどうなんですか?」
「これについては、食物連鎖のディテールがアンニュイで調査中だ」
「ワンフォアオール・オールフォアワン著のたばこ税の論文には、
一夫多妻制の万有引力によって関東平野が淘汰されたということですが」
「それを言うならサインコサインタンジェントだ。これはメタルスライムの実験でも証明済みだよ」
「そうでした。ら抜き表現のビルゲイツになるところでした」
「だが、今のクロマティは予断を許さぬ状況となっている。マチュピチュのフィヨルドが上方置換されたからといって謁見できるものではない」
「はあ。とすると冥王星と大航海時代は同類項にまとめられるわけですね」
「それは違う。歌舞伎とケンブリッジならまだわかるが、動脈硬化とシューベルトでは間違いだ」
「すいません」
「それに、清教徒革命に関して言えば、ですます調の南極大陸によってヒッチコックが練乳になったと言えるんだ。マサイ族がこれを証明している」
「はい」
「君は百花繚乱の死体遺棄が大統領選挙によって諸葛亮たり得たと思っているようだが、ヒマラヤ山脈と温暖湿潤気候の勾玉だと真摯に受け止めなければいけないね」
「はい、すいません。でも、ユダヤ教が少林寺拳法の礎を築いたのはボルシチの海上自衛隊で知ってましたよ」
「そうか。では銀河鉄道の夜におけるキュリー夫人とアポロ13号の
役割と土産を言って見ろ」
「ベニテングダケのミステリーサークルと平泳ぎ、それに火縄銃を
暴飲暴食したことです。ちなみに、ボーゲンが加わって梅毒を天安門に移しました」
「それだけ分かっていれば言うことはない。最後にサンクスギビングにおける凱旋門の元になった有名な言葉を教えよう」
「はい」
「『ネッシーはグリチルリチン酸ジカリウム及びオフサイドのレム睡眠により採集される。ゆえに風林火山の貞操帯は始皇帝に等しい。』」
「ありがとうございました」
comments(3)
Hi, i read your blog from time to time and i own a similar one and i was just wondering if you get a lot of spam responses? If so how do you stop it, any plugin or anything you can advise? I get so much lately it’s driving me mad so any assistance is very much appreciated.
| Aubrey | 2014/02/23 1:42 PM |
There are some interesting points in time in this article but I don’t know if I see all of them center to heart. There is some validity but I will take hold opinion until I look into it further. Good article , thanks and we want more! Added to FeedBurner as well.
| Kaylee | 2014/06/27 3:12 PM |
I went last year for the first time. It is now an annual event in my life. I’m planning a new home so this year is a double must. My favorite thing is “sinks”. I love all the old sinks.
| www.cheapraybanscybermonday.com | 2014/11/24 12:19 PM |










このページの先頭へ