<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
PROFILE
↑メールなどはこちら

<近況>
2014/11/8 更新してないねぇー ねたはあるんだけどね
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
<< 自転車の主語は何ですか | main | 最近気に入らない事があるのである。 >>
Lemmingology#8:Compression Method 1
少し風が強いが、今日はすっかり春の陽気だ。
あと何日かすれば、桜の花が咲き始めるだろう。
いつもの公園を、二人でゆっくり歩いていた。
彼女と散歩するときの、お決まりのコースだ。

彼女は、お気に入りの白いワンピースを着ていた。
長い黒髪が、よく映えている。
ずっと黙っていた彼女が、ようやく口を開いた。

「私、やっぱり行くことにしたの」

半分、予期していた言葉だったが、彼女の口から出たその言葉は、僕の淡い期待を裏切るものだった。
思わず僕は立ち止まってしまった。
「どうしても・・・か?」
「うん。もう、決めたことだから」
そう言って、数歩離れたところで彼女も立ち止まり、振り返って僕を見た。
彼女は微笑んでいた。
白いワンピースが、眩しかったから、僕は思わず目を細めた。
彼女の性格はよくわかっている。おとなしい顔をしているが、
一度決めた事は最後までやり抜く人だ。
今さら、僕が何を言っても無駄だろう。
「そう、か・・・」
「ごめんね」
強い風が、彼女の、やわらかい髪をなびかせる。けれど、手を伸ばしても、その髪は僕のところまで届かない。
たったこれだけの会話で、僕はもう、二度と彼女と並んで歩くことができなくなってしまったのだと感じた。

沈黙が訪れた。
すでに、彼女は、自分の人生から僕の存在を消してしまったかもしれない。
目は合わせていても、彼女の瞳は違う何かを見つめているのだろう。
それでも、僕は精一杯の抵抗を試みる。
「本当に君の意思なのか?その、強制なんてことが・・・」
「それはないわ。すべて私の意思。私が考えて、私が決めたの。誰の意見も聞かなかったし、いまさら何を言われてもやめるつもりはないわ」
彼女は少しうつむき、悲しそうな顔になった。
「誰も理解してくれない。そんなにいけないことなの?」
そんなことを言われても、僕にはわからない。
僕はただ、彼女が離れてしまうのが堪えられないだけだ。
僕は必死だった。
「僕にはその、今の生活を捨ててまで行く価値があるとは思えないよ。将来を約束したじゃないか。ずっと一緒にいようって決めたじゃないか」
悲しそうな顔は相変わらずだったが、その瞳は僕を軽蔑しているようにも見えた。
彼女にかける言葉を間違えてしまったのだろうか。
「一生に一度の名誉よ。私が選ばれたのだって、本当に偶然。誰にでもあるチャンスじゃないの。たしかに危険だけど、死ぬって決まったわけじゃないでしょう」
「だけどさ、君はまだ若すぎる。それに女性だ」
「やめてよそんな事言うの。あなただったら、笑顔で送り出してくれると思ったのに。わかってくれると思ったのに」
すでに彼女は涙目になっていた。
風はおさまらない。これ以上強くなったら、彼女は飛ばされてしまうかもしれない。
そのくらい、病気がちの彼女の体は華奢だった。
その体を抱きしめたかったが、それもかなわなかった。
たった数歩の距離が、ものすごく遠く感じられた。

そして長い沈黙。
彼女にかける言葉が見つからない。
「もう、これ以上話すこともないと思う」
彼女の口から出たのは、決定的な一言だった。
僕にはもう、彼女をまっすぐ見据えることすらできなかった。
「ひとつだけ教えてくれ。君にとって、そんなに魅力なのか。その・・・ポールポジションというのは」
彼女は一瞬だけ、上目遣いで僕を見て、そして小さく頷いた。
その顔は、微笑んでいるようにも見えた。
「さよなら」
彼女はそういうと、踵をかえし、再び一人で歩きだした。一度も振り返ることなく、
やがて僕の視界から消えていった。
僕は、しばらく動けなかった。
風は相変わらず強かったが、急に冷たくなったような気がした。

数日後、僕は彼女の死を知った。
ミッション開始5秒で、彼女の名誉あるポールポジションは終わった。
彼女はスタート直後、ファイヤーアームの毒牙にかかって、その身体を消滅させたらしい。
ミッション失敗。彼女の死は、何の意味も持たずに終わってしまうという結果になってしまったようだ。
同じ頃、僕の元に一通の手紙が届いた。同じミッションの第二次突入隊の参加申込書だった。
いつもの公園の桜の花は、もう散ってしまっただろうか。
最後にもう一度、一人であの散歩道を歩いてみようと思った。
comments(1)
I’m not sure where you’re getting your information, but great topic. I needs to spend some time learning much more or understanding more. Thanks for wonderful info I was looking for this info for my mission.
| Avery | 2014/06/30 5:20 AM |










このページの先頭へ