<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
PROFILE
↑メールなどはこちら

<近況>
2014/11/8 更新してないねぇー ねたはあるんだけどね
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
<< Lemmingology#4:The Steel Mines of Kessel | main | はぐれメタル屋 >>
Lemmingology#5:The Great Lemming Caper
「本日はお忙しい中お集まりいただき、まことにありがとうございます。今回もなかなかレアな商品がございますよ。それではさっそく、オークションを始めさせていただきます。アシスタント、よろしく!」
「はい。ロット癸院▲肇薀丱汽澆任后
「サンキュー。このトラバサミは、レミングス史上数百年もの間、一度たりとも発動したことがないという、新品同様のレアものでございます。今回、新型トラバサミの開発により不要となったため出品となりました」
「ほう。これはなかなか。」
「よっぽど簡単なステージに設置されていたんでしょうなあ」
「それでは1000からまいりましょう。1000!」
「1500!」
「3000」
「5000」
「10000」
「25000」
「おっと25000!ほかにいらっしゃいませんか?」
「50000」
「100000」
「150000」
「180000」
「180000です!ほかにいらっしゃいませんか?」
「200000!」
「はい!200000に決定!おめでとうございます!」
「やったー!」
「ホッホ。母さんにはナイショだぞ」

「それでは次の商品、紹介よろしく!」
「ロット癸押▲侫.ぅ筺璽◆璽爐任后
「はい。このファイヤーアームは、さきほどのトラバサミとは正反対でありまして、2000匹のレミングスを連続で燃やしつづけたという、偉大な連続記録を持っている逸品でございます」
「2000匹とはすごいですなあ」
「この記録はなかなか破られないでしょうなあ」
「それでは10000からスタートします。10000!」
「50000!」
「100000!」
「120000」
「135000!」
「180000」
「250000!」
「300000!」
「500000!」
「750000!」
「おっと一気に跳ね上がってしまいました!750000!落札です!」
「おお!我が家の家宝にするとしよう」
「ちッ・・・」
「うーん、うらやましい」
「いまだに動きつづけていますから、慎重に扱ってくださいね」
「うむ」

「さあどんどんいきましょう」
「ロット癸魁△弔襪呂靴任后
「つるはし?」
「普通のつるはしに見えるが・・・」
「説明いたしましょう。このつるはしは、725ステージ連続生存記録を持つ伝説のレミング、ダーシマハールが愛用していたと伝えられるつるはしなのです!」
「おお!あのダーシマハールか!」
「鉄人と伝えられている・・・」
「そうです!726ステージ目で不覚にも穴を深く掘りすぎて地底に落下してあえなく死亡した、鉄人の異名を持つ彼の所持品なのです!見てください。この柄の部分に彼のサインがあるでしょう?これはまさにレア!」
「これは欲しい!!」
「国宝モノですなあ」
「それでははじめましょう。50000!」
「100000!」
「300000!」
「おっとすごいことになっています!」
「500000!」
「1000000!」
「きました1000000です!」
「1250000!」
「1400000!」
「1700000!」
「1700000です!もうよろしいですか?」
「2000000!」
「はい!2000000であなたに決定です!」
「おおー」
「や、やった!これで・・・」
「やったわね。あなた」

「さあそれではいよいよ、本日の目玉商品です!」
「ロット癸粥▲譽潺鵐(雌)です!!」
「こ・これは・・・?」
「説明いたしましょう!彼女は正真正銘の生きたレミングです。名前をザクラダ・ファミリアさんといいます。ファミリアさん、こんにちは」
「こんにちは」
「彼女の頭上に3という数字が輝いていますのが分かりますね?そうです、彼女は不発弾なのです!!!」
「おおーーー!」
「すばらしい!!」
「来たー!!」
「彼女は自爆コマンドを実行されたにもかかわらず、何らかの不具合でカウントダウンが3で止まったままになってしまったという、レアもレア、生きた不発弾になってしまったのです!!!」
「欲しい!!欲しすぎる!!」
「ぞくぞくしますなあ!!」
「生きててよかった・・・こんなすごいのが見られるなんて」
「それでは開始します!100000から!」
「1000000!」
「10000000!」
「100000000!」
「これはすごい!もう1億の値がつきました!」
「くッ、300000000!」
「負けるか、500000000!」
「1000000000!」
「なにー!?10億!?」
「おおーー!!」
「さあ、さすがにもういらっしゃらないでしょうか?」
「ひゃ・・・10000000000!!!」
「でました100億!!、はい、あなたに決定です!!おめでとうございます!!」
「すごい!金持ちは違うなあ」
「100億とは、やりますなあ」
「不発弾とはいえ危険もありますので、扱いには注意してくださいね」
「わかりました」
「本日のオークションはこれで終了です。皆様、お楽しみいただけましたか?それではまた次回、どうもありがとうございました!!!」
comments(0)










このページの先頭へ