<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
PROFILE
↑メールなどはこちら

<近況>
2014/11/8 更新してないねぇー ねたはあるんだけどね
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
<< 烏骨鶏はカレー丼の夢を見るか? | main | これが地球の底だ!!人類未踏!オーストラリア世界最大の地底大洞穴探検!! >>
Lemmingology#3:From the Boundary Line
「金森さん、今度ね、いいの入ったんですよ」

防犯グッズのセールスである中根が久しぶりに来た。
人里はなれたところに大きな屋敷を構える金森は、人恋しさも手伝って、このときを楽しみにしていたから、日課である昼寝の時間も中断し、すぐに応接間に中根を通した。
その中根が、新製品を持ってきた。さっそく説明をはじめる。

「なかなかの傑作でして。まあ見本を見ていただいたほうが早いでしょう。これです」
中根が取り出したのは、観葉植物だった。葦の仲間だろうか。
「ほう。植物か。珍しいな。これも防犯グッズなのか?」
「はい。金森様のお屋敷はとても大きく、いつどこから泥棒に侵入されるかわかりません。屋敷の塀の内側にこの植物を植えておけば、まるで生きているかのように侵入者の足に絡みつき、その動きを止めることができましょう。これは見本ですので動きませんし大丈夫ですが、実物はこれよりもっと丈が長く、常にウネウネと動いています」
金森の目がきらりと輝いた。
「ほほう。見張り番や番犬では金がかかるし、第一見落としもあるからな。なるほど、こいつを植えておけばまず泥棒などには入られまい。よし、買おう」
「ありがとうございます。それでは後日、植木職人にお願いして塀の内側にこの植物を植えさせますので」
その手配をすべく手帳になにか書き込もうとする中根を、金森は制した。
「いや、それには及ばん。ウチの使用人にまかせるから、その植物を持ってきてくれるだけで構わんよ」
中根は少し困ったような表情になった。
「ですが、この植物は危険です。扱いを間違えると大変です。一度絡みついたらなかなか離れませんから」
「毒をもっているわけではないんだろう?」
「それはそうですが、あまり救出に時間がかかってしまいますと、口を塞がれてしまったりする可能性もありますので・・・。何しろ全身に絡みつきますから」
「まあ、みんなでやればなにかあったときでも大丈夫だろう。植木職人は遠慮するよ」
「わかりました」
中根は引き下がった。
無尽蔵に金を使う男だと思っていたが、肝心なところでケチなようだ。
植木職人の工賃など、この植物の値段に比べたら安いものなのだが、金森家の使用人がやるのであれば、それはそれでかまわない。多少危険かもしれないが、知ったことではない。
中根の責任にはならないだろう。

「それでは後日、お持ちします。それにしても、この商品を購入していただけるとは、正直なところ、思っておりませんでした」
「ん?それはどうしてかな?」
金森が太い葉巻に火をつけた。
「先ほども申しましたように、扱いが危険ですし、葦の仲間で、ただ長い茎が何本も伸びているだけの植物ですから、このお屋敷の景観も損ねてしまうかと思いまして」
「ああ、そういうことか。いやしかし、防犯には代えられんからな。最近は物騒ゆえ、防犯に金を掛けておくに越したことはあるまい」
「はあ、たしかにその通りで」

「ところで、今日はこれだけかな」
「とんでもございません。まだあります。こちらなんですが」
中根が取り出したのは、ライフルのような形状のものだった。やはりレプリカのようだ。
「これは高圧電流を、ビーム状に放出する装置です。このお屋敷の玄関や壁などに据え付けて使用するものです。電圧を最大にすると、生命に危険が及びますので扱いが難しいですが・・・」
金森は葉巻をいったんもみ消した。嬉しそうな表情だ。
「すばらしい!このような防犯グッズを待っていたんだよ。やはり侵入者は、侵入前に仕留めないといかんからな。この装置があると思わせるだけでも威嚇になるだろう。よろしい。こいつを10セット買おう」
「あ、ありがとうございます。さすが金森様、ご決断が早くていらっしゃる」
「いやなに、君のところの製品が素晴らしいからだよ」

「ところで金森様、この製品には姉妹品もございまして・・・」
「ほう、それは興味深いな」
「こちらです。これは電流ではなく、炎を放出します」
「火炎放射器か。電流のやつとあわせて設置しておけば、だれもこの屋敷に近づけんようになるな」
「そうですね。安心して暮らせるようになるかと思います」
「わかった。じゃあこいつも10セット買おう。いやあ金持ちも楽じゃないからな。用心に越したことはない」
「ありがとうございます。ではこれも設置のほうは・・・」
「使用人どもにやらせよう。設置するときはスイッチを切っておけば問題なかろう」
「そうですね。ではあわせて後日、お持ちいたします」
「いやいや、これでようやく枕を高くして寝られるよ。いい買い物をした。また新製品が出たら来てくれたまえよ」
「はいっ。それでは失礼させていただきます」

帰りの車のなかで、中根は考えていた。
いくら金持ちの屋敷とはいえ、見張りや番犬に頼らず防犯グッズばかりで固めようとしているが、金森はそんなに人が信じられないのだろうか?
最初のうちはネズミ捕り用トラバサミなどの駆除用品を購入するのが主だったが、最近は高価で危険な防犯グッズを大量に買ってくれるようになった。
このままセールスを続けていれば、この屋敷はそのうち、泥棒だけでなく、普通の人も近寄れなくなるような、物騒な屋敷になってしまうだろう。
そこまで考え、ふと我に返る。
そういえば、金森家には以前にも何度か自社製品を納めたが、設置やセッティングはすべて使用人に任せると言っていた。
しかし、今日、金森の屋敷を訪れたときに、まったくその製品を見かけなかった。
もうずいぶんいろいろと購入しているはずだが・・・。
買うだけ買って、使いもせずに満足してしまっているのかもしれない。
でも、まあいいか。こちらの知ったことではない。
おかげで自分の営業成績は常にトップだ。
上客とはこのことだ。
中根は、この成績を、自分の営業努力の賜物だと信じていた。

中根を帰らせたあと、そのまま応接室に残り、再び葉巻に火をつけ、金森は考えていた。
面白そうなアイテムを新たに3つも手に入れた。
次はどんなステージをつくろうか・・・。
泣き叫ぶネズミどもの顔が目に浮かぶ。
「西野!西野はいるか!」
しばらくして、使用人筆頭である西野が部屋に入ってきた。
「御用でございますか。ご主人様」
「ああ。いいステージを考えた。人を100人、調達しておいてくれ」
「ご主人様・・・そのようなご趣味はこの西野、あまり関心いたしませんが・・・」
「ふん。お前の説教なんぞ聞きたくないぞ。それより、新しいステージの図案を書くから、すぐに工事に取り掛かれるようにしておけよ」
「承知いたしました」
「今回のは難しいぞ。ノルマは5%といったところかな」
西野は、ため息をついた。

comments(3)
サングラス
| サングラス | 2013/08/14 3:42 AM |
oakley オークリー,オークリー レーダー 【日本全国無料配達】+【80%以上割引】オークリー,人気 オークリー サングラスが激安バーゲン中!【100%新品】オークリー メガネ キーケースが本店強くお勧め!お見逃しなく!,人気のオークリー サングラス専門販売店- サングラス ブランド激安通販, oakley オークリー,oakley レンズ長時間自転車に乗っていると出てくる、手の痛み、しびれ、疲労などなどは、手の尺骨神経への圧迫が大きな原因となっています尺骨神経は、大まかに指先から背骨に繋がっている神経で、手のひらに集中している場所がありますその場所への、圧迫を軽減させるパッドの並びを科学的に考えた「ZoneDensityパッド」を採用しており、神経の圧迫を軽減形状記憶パッドになっているので、手の形になじみ非常に使い心地がいいんです! そして、生地ももちろんのこと、生地の縫い方の工夫によって、エルゴノミクスに優れ、フィット感も良く、通気性も確保しています更に、人差し指と親指の間の縫い方を工夫し、縫い目を最適な位置に持ってくることによって、ブラケットポジションなど体重がかかりやすい状態で起こる擦れを軽減してくれます生地や縫い方、パッドの配列にまで人の手にこだわったグローブですよ♪ カラーバリエーションも豊富なので、車体の色や服装に合わせて選べるのもうれしいところ! 豊富な実績と安心の対応で、業界最安値 ナンバー1に挑戦オークリー サングラス大放出転覆の概念OAKLEYメガネ眼鏡製品は、それが一つのメガネ快適、実用的、芸術的な融合であるということです。それは材料の製品の設計または選択であるかどうか、機能とファッションへの快適さ、高品質、かつ高集積度を確保するために、高度な科学実験やテストの一連のであった??。 OAKLEYファッションは"??簡単に言えば、OAKLEYのファッションは、技術革新のために魅力ある、情熱を燃やしてすべてのルールへの挑戦であり、技術革新と技術的な厳しい趣味精密要件については我々の熱意はOAKLEYは、科学、芸術のユニークなセットを持っていることを確認し、挑戦従来の考え方から文化遺産を不屈の、非常に永続的な。" 2012年OAKLEYスポーツアイウェアに新たな顔が登場!ランニングやベースボー-ルのトップアスリートが選ぶ1枚レンズスタイルに、コンディションに合わせてパフォー-マンスを高めるためのレンズ交換が素早くできるスイッチロックシステムを搭載したOA-KLEYスポーツアイウェア最高峰モデルのRADARLOCK(レーダーロック)がつ-いに待望の登場です!天気予報?RadarLockさえあれば、天気の心配なんて必要-ない。世界トップクラスで活躍するアスリートたちからの妥協を知らないリクエストに応-えて開発されたRadarLockは、"パフォーマンス"という言葉に新たな定義を与-え、競技の世界を一変させる。アスリートたちは、RadarLockさえあれば、Sw-itchlock(スウィッチロック)テクノロジーと名付けられたオークリー独自のレ-ンズ交換システムを使って、オークリーが誇る豊富なレンズカラーバリエーションの効果-を最大限に活用することができます。Switchlock(スウィッチロック)を使え-ば、レンズ交換にかかる時間と手間を大幅に省き、母なる自然の気まぐれとでも言うべき-天候の変化にも瞬時に対応することができます。オークリーアイウェアであるRadar-Lockは、もちろん他のスポーツパフォーマンスモデル同様に、オークリーが世界に誇-るレンズテクノロジー、HDO(High Definition Optics)を搭載、歪みのないクリアな視界を提供します。HDOを搭載したオーク-リーのレンズなら、太陽の眩しさや風、雨や雪、さらに暗い場所や転倒時、そして空中を-舞う塵や埃など、あらゆる外的要因から眼をプロテクトし、あなたのパフォーマンスを更-に引き出しま
| オークリー サングラス | 2013/08/16 5:20 AM |
サングラス
| OAKLEY | 2013/08/20 11:40 PM |










このページの先頭へ