<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
PROFILE
↑メールなどはこちら

<近況>
2014/11/8 更新してないねぇー ねたはあるんだけどね
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
<< ヘルバトラーの話をしよう | main | 一日が短くなっている >>
魚と鳥
魚と鳥。

水中と空中というのは、
どちらも生身の人間が生きるには少々過酷な環境だ。
水深300mでは内蔵がやられるし、高度4000mでは落ちる。
しかし、鳥は飛んでるし魚は泳いでる。

鳥と魚。なるとしたらどちらがいいか?

個人的な感性を重視してみよう。
俺はバンジージャンプはやらない。(決定済)
たとえ、俺がこれからお笑い芸人になって、
状況的にはオイシイという場合であったとしても、
バンジーは絶対にやらない。
(だからお笑い芸人にはならないし、旅番組のレポーターにもならない)
対して、深海に潜るチャンスがあれば喜んで志願するだろう。
もちろん命の保証がある場合に限るが、命の保証はバンジーにだってある。
水族館は大好きだし、深海魚には興味が尽きない。水泳も好きだ。
ということは、水中よりも空中を恐れている、ということになるのだろうか。
安易に魚を選んでいいものか?
否。
空を見上げても全然怖くない。
飛行機はちょっと怖かったような気もするが、今は怖くない。
鳥も、恐竜に近いということをのぞけば、大して怖くはない。
サメの方がよほど怖い。

視点を変えよう。

魚は捕獲され食卓に並ぶ。日本の食卓には欠かせない。
鳥も食われるが、それは飛べない鳥の場合がほとんどだ。
空に向かって投網を放つ猟師は見たことがない。
魚ピラミッドのほぼ頂点に位置するサメは、人に食われる。
鳥ピラミッドのほぼ頂点に位置するタカは、たぶん人に食われない。
鳥ややリードか?

いや、重要なのは物理的状況とそれに伴う危険性の問題だ。
居眠り等で数秒間意識を失った場合。
───鳥は墜落死の可能性がある。
───魚は溺死しない。
この差は大きい。
置かれた状況が直接危険につながっているのは、鳥の方だ。
羽ばたいたり、風に乗らなければ鳥は落ちるが、
魚は泳がなくても死なない。(マグロは別)

魚は自然に泳いでいるが、鳥は無理矢理飛んでいるのではないか?
魚は完全に環境適応しているが、鳥は無理をしている。
現に、鳥は飛ばなくてもいいときは飛ばない。
しかし、これで五分五分。
いったいどちらを選べばいいだろう?


適応力に関するデータ比較
(D<C<B<A:D=生きていけない・・・A=行動力優)

●マグロ●        
空中:D       陸上:D  水上:C 
水中:A(淡水:D) 深海:C  宇宙:D
備考:水中型 

●ウミネコ●
空中:A  陸上:A  水上:B
水中:C  深海:D  宇宙:D
備考:汎用型

●ブルース・ウィリス●
空中:A 陸上:A  水上:A
水中:A 深海:A  宇宙:S
備考:万能型
comments(1)
I like Your Write-up about Khmer Comedy ≫ Somnangblogs Perfect exactly what I was trying to find!.
| Spencer | 2014/06/28 4:43 PM |










このページの先頭へ