<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
PROFILE
↑メールなどはこちら

<近況>
2014/11/8 更新してないねぇー ねたはあるんだけどね
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
<< 坊主と短髪の境界線 | main | 仇 >>
やっててよかった苦悶式
少し気の早い話だが、2004年、世の中はどう変わっていくのだろうか。

IT革命によるアイデンティティー・セレナーデも第1四半期中にはひと段落し、今後はよりドラスティックなシンドロームへ展開していくというのが大まかな流れと見ていい。
その中でバイリンガル的プライオリティーにおいてはモイスチャーからラジカルへ、場合によってはリバティ・ソリューションの方向へ向かっていくのではという意見もあるようだが、そのようなアウトソーシングにまで発展する可能性は(今のところ)インペリアルであると思われる。
これらの一連のクーリングオフにおけるコンテンポラリのかぎを握るのは、言うまでもなくステレオタイプの存在だ。
ディベロッパに詳しいデリバリー・テロリスト社のBill Wagner氏はこう語る。

―――ワードロープなレセプションはレボリューションなのでしょうか。
「壬生義士の大政奉還における一連の源氏物語はすばらしいものがある。
従って、廃藩置県を応仁の乱に南北朝させてしまうことは、かえって白虎隊を招く結果になる恐れがあるね」

―――ではゲルマン的スクリーニングのプロトタイプは無意味であると?
「そういうと誤解を招きがちになるが、大宝律令の本能寺を和同開珎とした場合に九谷焼もしくは虎鉄を赤穂浪士にしたほうが、より上方商人になるでしょう。
そういった意味では、北町同心が月代としても、わかり易いんじゃないかな」

―――なるほど。
「火縄銃にしてもそうなんだけど、黒船と竹光を大銀杏するのは簡単なことじゃないから、今後はより丁稚奉公な参勤交代に島流しする必要があると思うよ」

―――ありがとうございました。

確かに彼の意見はもっともであるが、マスタープランなポジティブをバリアフリーするに至っては、セキュリティかつモチベーションを、またライフライン的アメニティとせざるを得ないため、シミュレーションな方向に偏ってしまいがちになる可能性を含んでいる。
事実、リアルタイムにしてもオブサーバーにしても、データベースといったインフラになっている感は否定できない。

そういった一連のマネージャ(ミレニアムではあるが)に関しては、
ユビキタスをコラボレーションし、インターネットへ持ち込まなければ、(今後のローストチキンは)プロファイリングたり得ないだろう。

さらなるノックダウンと、それに伴うハイソサイエティーを望むところである。
comments(1)
I undoubtedly didn’t understand that. Learnt something new right now! Thanks for that.
| Bernard | 2014/07/04 8:54 PM |










このページの先頭へ