<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
PROFILE
↑メールなどはこちら

<近況>
2014/11/8 更新してないねぇー ねたはあるんだけどね
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
<< お熱いのが好き | main | 狭間 >>
衝突回避論

比較的狭い歩道を歩く。

正面からこちらに向かって歩いてくる人がいる。
このまま行けば、二人は衝突してしまう。

・向こうからやってくるのがサラリーマンやOL風の大人の場合、
 二人の距離がかなり遠い段階で、お互い
 (タイミングを見計らったかのように)
 さりげなく左にずれる。
 衝突は回避される。

・相手がパートや買い物帰りのおばちゃん風の場合、
 二人の距離がかなり遠い段階で、
 (タイミングを見計らったかのように)
 お互い同じライン上にずれる。
 おばちゃんがさりげなく右にずれるのが原因である。
 結果的に再び二人は同じライン上を歩くことになり、
 衝突は免れない。
 仕方なくこちらが右にずれると、おばちゃんも
 同じ方向にずれてくるのである。
 む、それではと裏をかいてその後しばらく
 どちらにもずれずに歩く。すなわちまっすぐ歩く。
 おばちゃんがどちらにずれてもいいようにだ。
 するとおばちゃんも、頑なにこちらと同じライン上を
 歩いてくる。
 結局、衝突寸前まで近づいた段階で、お互い一瞬
 足を止めて、すれ違うことになる。

・相手が学生風の場合、
 タイミングを見計らってこちらがさりげなく
 左にずれても、相手はまるで気にせずまっすぐ歩いてくる。
 結果的に問題なくすれ違うことができるのだが、
 やるせない気持ちになる。
 但し、相手が女子高生や女子大生の場合、わざと
 同じライン上を歩いてみるのも一興である。

・相手がやくざ風の場合、
 二人の距離がかなり遠い段階で、
 道路の反対側に渡る。
 こうすることで衝突をはじめ諸々の
 (起こりうる可能性のある)問題はすべて回避される。

・相手が自転車の場合、
 こちらはなにがあってもまっすぐ歩いたほうが良い。
 自転車は徒歩ほどには軌道の修正がしにくく、
 同じ方向にずれたりしたらパニックに陥る可能性がある。
 好きな方向へずれさせてやったほうが良い。
 またお互い譲らずにいたとしても、相手は衝突寸前で
 自転車を降りるか止まるかする。
 自転車に乗っているのがおばちゃんの場合、
 例の「足だけ乗せて体半分乗り」で、
 いつでも自転車を止められるようにしてくるから、
 こちらはまっすぐ歩いていても大丈夫なのである。

・相手が自動車の場合
 できうる限りの回避行動をとるべきである。
comments(2)
Actually when someone doesn’t be aware of afterward its up to other users that they will assist, so here it happens.
| Samantha | 2014/06/27 3:05 PM |
I’ve recently started a blog, and the information you offer on this web site has helped me greatly. Thanx for all of your time & work.
| Clinton | 2014/07/04 2:43 AM |










このページの先頭へ